• English
  • 文字の大きさ
  • 文字の大きさ 中
  • 文字の大きさ 大

保安品質活動

適切な運転状態を確保すること、事故の発生を防止すること、あるいは事故の影響を緩和することにより、従業員、公衆と自然環境を放射線災害から守ることを目的として、JEAC4111-2009に基づき、保安品質マネジメントシステムを構築しています。保安品質マネジメントシステムとはP(計画)D(実施)C(チェック)A(改善)のサイクルを廻すことにより、より高い安全品質を目指して、全社一丸となり活動するための仕組みです。

原子力安全推進協会(旧 日本原子力技術協会)が当社に対し行ったピアレビュー(相互評価)の報告書を公開しております。

安全と環境保全に関する取組みに戻る

防火・防災活動

防火管理を徹底し、もって火災、震災、その他の災害の発生を未然に防止すると共に、人命及び施設の安全確保並びに人的、物的被害を軽減することを目的として消防計画書を作成しております。また、東海地区の防火の達成・維持・向上を図る目的として防火マネジメントシステムを構築しています。

原子力災害対策特別措置法に基づく原子力事業者防災業務計画の要旨はこちら

安全と環境保全に関する取組みに戻る

労働安全衛生活動

厚生労働省の「労働安全衛生マネジメントシステムに関する指針」に従い、労働安全衛生マネジメントシステム(OSHMS)を構築しております。

安全と環境保全に関する取組みに戻る

環境保全活動

環境方針に基づき環境マネジメントシステムを構築し、環境保全活動を実施しております。

安全と環境保全に関する取組みに戻る

廃止措置実施方針

「核原料物質、核燃料物質及び原子炉の規制に関する法律(以下「原子炉等規制法」という)」 第22条の7の3第1項及び「核燃料物質の加工の事業に関する規則(以下「加工規則」という)」 第9条の4の2に従い、三菱原子燃料が所有する加工施設の廃止措置実施方針を作成し、 原子炉等規制法第22条の7の3第1項及び加工規則第9条の4の3に従い、以下の通り公表します。

安全と環境保全に関する取組みに戻る

ページトップへ

  • ご利用にあたって
  • サイトマップ